高校選び2018/石川高専編

E7490771-DE7B-4422-A57E-110358938672

 石川高専

言わずと知れた国立の工業高等専門学校

津幡にあるので南加賀の人にはいまいち馴染みがないかもしれないけど、かなりレベルが高い職業系高校。

2D1A22AE-DB0E-48E7-8F8B-6A92FDBB9239

昨年度はうちから2人が受験して両方合格を決めた。

例年のことだけど、今年も非常に人気が高く激戦は必至。

公立とは受験日が違うのでとりあえず受けとけみたいな子もけっこういるからね(笑)

C255AB21-69B9-4DE2-8E51-4411E6D9BE78

 感覚としては大学。

5年制の過程を終えると「準学士」(短大卒)の称号が与えられ、さらに専攻科で2年学ぶと「学士」(4大卒)となる。

高専の一番のポイントはやっぱり「専門性」。

専門科目を徹底的に学ぶことで就職、進学と幅広い選択が生まれる。

特に就職は一流企業が選り取りみどりの五月みどり。

進学は大学3年次、または専攻科を経て大学院に編入することになる。

だから2つ目はセンターなどの一般入学試験がないため学生生活が「受験に追われない」こと。

しかも編入する大学も有名国公立大学に余裕で合格できる。

実際通ってる子達からは、課題も少ないしバイトも出来る、車も乗れるし面白いですなんて声が聞こえてくる。

進学校とは全然ちがって自由を満喫できるところは大きな魅力かな。

 っと、書いていたら現役1年生が遊びに来た。

少しインタビュー(笑)

高専入ってみてどう?

「なんか、ゆる~いです。スマホも触れるし、部活に先生も来ないし。

小松行った子らあんなに毎日一生懸命勉強しとるのに俺らこんなんでいいんかなみたいな(笑)」

「でもすごい楽しいですよ。」

勉強のレベルは?

「英語はWAKEで学んだんで正直楽勝ですけど・・・理系科目はやっぱりちょっと難しいですっていうか、難しくなってきました(汗)

なんで今ここにいます(笑)」

寮生活は?

「やっぱり勉強時間減りますよね、友達がいるんで。

夜9時までなら学校の体育館でバスケとかできるんでみんなで遊べます(笑)」

と、まぁこんな感じ(笑)

絵に描いたようなゆるゆるの高校生活を送っているよう。

こんな正直に書いて良いもんだろうか(笑)

来年は1年間の海外留学をする予定。

なんともうらやましい学生生活。

E42F6AC3-2F42-4DCE-AC8A-89698C5B4424

勉強わからなくて教えてもらいに来たくせに余裕のポーズ(笑)

 学校のパンフレットには中学時代に教えていた生徒とか大学院時代の後輩が助教として載っていたり、懐かしい顔が見れてちょっと嬉しい。

みんな良い顔してるなぁ~。

専門性が高い分、中途半端な気持ちで入学するとイヤイヤ5年間を過ごすことになる。

逆に、今から自分の将来ややりたいことを決めちゃってるなら行かない理由はない!

高校-大学の7年間を一気にショートカットできるゴールデンロード☆がここにある。

興味のある人は石川高専のホームページを見てみてね!

ちなみに11月に学園祭(紀友祭)とオープンカレッジが同時開催されるので行ってみてはいかがだろうか。

実際に見て話を聞くとますます通いたくなるし、受験勉強にも熱がはいるってもの!

石川高専オープンカレッジ 

石川高専ツアー

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


石川県ランキング


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.