2018年度石川県公立高校入試1日目終了

 朝から小松高校でうちの受験生たちを応援

なぜかみんな緊張してない。

落ち着いてる?ってわけでもなかったけど(笑)

たくさん模擬試験をやってきたから慣れてるのはあるだろうね。

それにしても寒い(ブルブル)

毎年受験の日は雪の日が多い。

今年は雪はないけど芯から冷える寒さ.

だけどみんな熱く燃えている気合を胸に、元気良く受験会場に向かっていった。

 昼から塾にくると初日のテストを終えた受験生達が数人自習に来てた。

「先生・・・英語が・・・難しかった・・・です」ガクッ・・・

とのこと(笑)

でも、できないときはみんなができないので気にしないのが受験のコツ。

そして落ち込むだけなので今日は絶対に自己採点をしないように!

AEF873CB-EB93-4E86-AA17-2BF2656AC53A

 一応一通り軽く目を通してみるとこんな印象

英語

やや難化

  1. ハイスコアは出難いかもしれないけど、なんとなく書ける問題が多い
  2. 4文で書く英作文が消滅
  3. 単語ではなく、文章で応える記述式の解答が大幅に増加
  4. 大問3の会話文形式に広告がプラスされた新傾向
  5. 強く発音する語を選択させる問題は初登場
  6. 大問4は617語と過去最長

記述が多いけど解答に自由度が高い(完答とまではいかなくても部分点がとれる)
リスニングがゆっくりで非常に簡単な問題だった(らしい)
大問2が迷わずにスラスラと全問正解できるレベル(12点いただき)

予想平均点は53くらい?

英語解答

理科

石川県の理科は超難しいので有名だけど、今年は確実に易化!!!
逆に言えば理科が得意な子にとってはアドバンテージにならない。

受験生なら確実にとれる簡単な問題が44点
受験問題を解いたことのある生徒なら取れるであろう普通の問題で39点
教科書のコラムまでしっかり読みきってる受験生なら解ける難易度の高い問題が17点

特に大問5の問3はかなり難易度が高い

予想平均は56点ってところか。

理科解答

国語

易化傾向

大方の予想通り漢文ではなく古文が出題、しかもかなり簡単
作文は自分たちの経験したことのあるテーマなのでかなり書きやすいはず
漢字も受験生なら誰でも書けるレベル
大問2の問7と8は結構書き難かったのでは?

予想平均54点くらい

国語解答

初日の3教科では差がつかない可能性あり。
勝負は明日の社会かな。
でもあくまでも個人的な感想なので、あしからず。


石川県ランキング

 


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.