キラキラ感

original

 今日で冬期講習も終了。

中3生は正月特訓もそつなくこなし、かなりの実力アップができた。

明日の模試へみんな自信をみなぎらせてたからね(笑)

中1・2年生も普段と違う先生から新しいことを学べた。

今年は以前に増して充実した8日間だったと思う。

これが終わるといよいよ次年度の準備。

小6生なんて2月からは中学準備講座が始まるからね。

1年なんて早いもんだ(笑)

 今年の3年生はクラス全体のまとまりが例年以上。

やっぱり全員が高い目標を目指してるところが大きいかな。

夢中になれるものが自分を強くしてくれる。

キラキラした人間はそんな感じ。

いとこの子供が今年大学4年で就職活動を終えた。

経済学部なんだけど、それほど有名な大学ではない。

だけど1流と言われる証券会社や銀行、保険会社など軒並み内定をもらってきた。

異例のリクルーターをつけてきた会社もあるし、どうしてもとオワハラをしてきた会社もあったそうだ。

断りをいれるのに数時間もかかったほど。

同じ大学でも全然もらえない子がたくさんいたのに彼女だけは違った。

彼女は他の子とどこが違う?

決定的に違うのは圧倒的なキラキラ感。

入社を決めた会社の人事の人達にはキラキラちゃんと呼ばれているそう。

会えば誰もがそのキラキラした雰囲気を感じるくらい眩しい。

いくら学歴があろうが社会に出たらそれほど意味がない。

もちろん会社の入社試験ではその要素も大事なんだけど、それはあくまで一つの指標でしかない。

会社は個人プレーでは動かない。

みんなに不快感や不安感を与えるようでは…と考えるのは誰もが同じ。

押し付けの勉強だけをしてきた子にそのキラキラは出せないだろうな。

自分の意思で作り上げた自分だけのスタイルをコツコツ磨き上げた子の特徴だもん。

できるだけ多くの塾生にそんなキラキラになってもらいたい。

それが社会にでるための勉強だからね。

iphone_girl_418007_1

 


石川県ランキングへ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.