メタ認知

taiwa

 今日から冬期講習後半戦開始

正月特訓で理科と社会を押さえた中3生たちはかなり自信がついたよう。

今日の過去問ではかなり手ごたえを感じていたよう。

そして今回も強力助っ人。

金沢大学大学院教育学研究科の坂野くん。

大学ではメタ認知を研究してるそう。

メタ認知とは「どのような考え方で問題を解いたのか」、「なぜ正解できたのか」、「なぜ正解できなかったのか」等を考えさせたり、問題解決のプロセスで自分の学習についてモニタリングしたりすることで、児童・生徒自身が自分の学習を振り返るような取り組み。

受験ではこういう自己分析からの自己開発が一番大事。

与えられる情報だけに頼っていると世間に出た時にいらない子になっちゃうからね。

fe081649-4bae-4e3d-b637-45afe8cb77f2

彼はたまに地元加賀市の中学や金大附属でも研修で授業をしている。

だから授業も慣れたもの。

しかも爽やかイケメンだから笑顔も素敵だ(笑)

大学院卒業後は教師になる予定だそうで、熱い男がまたここに(笑)。

 前半に来てくれた宮崎くんに続き、彼も小松高校OB。

高2の授業のあと受験体験記や大学のことなどを話してもらった。

img_6869

高校時代は野球部。

小松の野球部はかなりガチンコ。

本気で甲子園目指してるからかなり体力を使う。

でも部活で疲れてなにもできないって勉強しないのはかなりヤバいんだってこと同じような境遇にある子たちには参考になったのでは?

彼もまた「高校時代にこんな塾があったら最高でした」と言っていた。

教職に就いたら学校にこんな場所を作ってね!(笑)

 

ポチポチパワーを僕にください!


石川県ランキングへ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.