ハッピーエンド

meisaku1-1

 小中学生の国語の物語文。

読み取る際に大事なのは接続語と登場人物の感情の変化。

最初や途中は困難やトラブルに巻き込まれて落ち込むことが多い。

でも最後はハッピーエンドで終るのがお約束。

たまに泣ける話もあるのがまた厄介だけど(笑)

 昨日は朝から海。

今の時期から青物が良い感じ。

朝6時のマリーナ。

今ままでのポカポカ陽気とはうって変わってかなり寒い。

これがまた秋の海~っ!って実感させてくれる。

img_5486

波は・・・予想以上にあるけど(笑)

img_5464

昔だったら100%ゲロゲロ。

今ではそれほど気にならない。

人間強くなるもんだなぁ~。

前日に見た吉崎屋さんのフェイスブックにはガンドの大サイズ(ブリ一歩手前)がクーラーボックスに大量。

img_5492

誰でも釣れるというもんだから頭の中はこれしかない!

でも・・・実際現場に行くとこれがまた釣れないんだなぁ~(笑)

フクラギサイズはいるんだろうけどジグ(ルアー)をロストしまくり。

一緒に行った松川先生なんて財布を落としたり・・・

人生なかなかうまくはいかないから面白い。

img_5490 img_5489  

最後にでかいキジハタを釣って終了(これはなにより嬉しい)。

img_5488

ジグに財布・・・いっぱいお供え物をしたので今シーズンに期待大!

釣って釣ってつりまくる。

ハッピーエンドにならないと俺物語にはならないもんね!

 

ぽちぽち


石川県ランキングへ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.