おもしろきこともなき世を…

 好きな幕末の志士を1人あげよと言われれば?

おもしろき
こともなき世を
おもしろく

すみなしものは
心なりけり

という辞世の句(だと言われている)で有名な長州藩士高杉晋作が自分は好きだ。

”おもしろくない世の中をおもしろくするもしないも自分の心次第”

そんな意味だと自分は解釈している。

久坂玄瑞ら松下村塾の四天王の1人。

奇兵隊を率いユニークな発想と行動力で長州藩を牽引。

坂本龍馬の仲介で西郷隆盛らと薩長同盟を結んだ時代の立役者。

もし肺結核で亡くなっていなければ間違いなく明治維新そして新しい時代のリーダーになったであろう逸材。

享年29歳

これだけの大仕事を成した年齢とは思えないほど若い。

当時の若者は10代中頃から純粋に国を憂い、その身を捧げていった。

その生き様はまさに男が惚れる男の中の男。

 先日大学生と話した時に

「選挙には行ったことがないです。興味ないんで。」

なんて言われて、少しカチンときた。

「今の若者は人口が自分たち団塊ジュニアの半分しかいない。

票の力で勝負するならそっちが全員でかかってきても、こちらは半分の力でねじ伏せることができる。

君らにとって危険なことやと思わんか?

だから常に世の中のことと政治には関心を持て」

と言っておいたがどこまで伝わったかな…

今未曾有の危機が日本どころか世界に訪れつつある。

興味がないではすまないほどの状況がすぐ目の前にきている。

とりあえず感染の広がりを抑えた第一波より、半年後〜1年後にやってくる第2波の影響が一番ひどい。

今までの歴史がそれを物語っている。

そんな時頼りにしたいみんなの代表を選んだのは国民、選挙に行かなかったものも国民、与党の反対しかできない人たちを選んだのも国民。

言い訳はできない。

どんな困難に陥っても文句言わずにみんなで”おもしろき無き世をおもしろく”していかないとね!

まずは授業だけは

おもしろき
授業を
よりおもしろく

F1B7D2BC-4BB4-4AFF-885B-36C6A9486FDF

真面目な話は真面目に、リラックスさせたい時はひと笑いで(笑)

中1は結構笑ってくれたが、中3にはスルーされた…😭

大人になったね、君たち…

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


塾教育ランキング

[`newsing` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.