高校選び2018/小松市立高校編

9E6846A7-E2B2-4E46-A7DB-8CCF9B606FC1

 小松市立高校

運営は小松市。

昔は女子校だったけど今は共学の普通高校。

うちから進学する生徒はかなり珍しく、年に1人いるかどうかってところ。

だから自分的にわかってないことが多い謎の学校だった。

公立高校は放っておいても生徒が受験するし、塾向けに説明会もやらない。

当然こちらも勧めにくいのが現状。

そんな小松市立だけど、ありがたいことに縁あって校長先生が直々に会って学校説明をしてくれるというので行ってきた。

まずは基本情報

普通科と芸術コースがある。

普通科

毎年4〜5人くらいが就職でそれ以外は進学。
大学進学は一般で国立というより、地元の私大が多い傾向。
マルチに勉強ができる子というより、一部が特化した生徒が多い。
イジメはなく、年に2〜3人くらいがやめるらしい。
10人前後がスポーツ推薦で入学

芸術コース(音楽専攻・美術専攻)

芸術コースは全体で40人の枠があり、それぞれMAX20人
その中で10人が推薦で入学する。
推薦で倍率4倍がでても心配ご無用。
そもそもこの学校を(推薦一般合わせて)受ける生徒はだいたい40人前後。
したがって推薦4倍=1倍(一般受験も考えると)となる。

この学校の進学はこの芸術コースの生徒がほとんどで、勉強もできるならば国立大学の学校教育学部で音楽の先生になることもできるし、もちろん各分野プロの道へ進むこともできるなかなか稀有な存在。

スクリーンショット 2018-12-10 20.33.40

音楽専攻

専攻種類はピアノ・管弦楽・弦楽器・声楽・邦楽器

グランドピアノ15台・アップライトピアノ6台・電子ピアノ3台
レッスン室10室・個人練習室4室・ソルフェージュ室

音楽を学ぶにはこれほどの環境はそうそうないはず。

美術専攻

専攻分野は日本画・油絵・デザイン

プロの作家さんを講師に招いたり本格的に絵画を学ぶコース。

進学実績のほとんどがこの学部からの進学。

例年志望者の数は定員ギリギリなので、将来美術系で身を立てたい子にはオススメ。

58703F2F-739F-48B8-AC73-49B1C7EBD458

校長先生の一押し

今の校長先生に変わってから普通科では英語に力をいれている。

修学旅行はシンガポール。

校内のALTは一人だけど、週に一度オンラインでフィリピンの語学学校と英会話で授業がある。

小松市の姉妹都市の学校との短期留学制度(2週間)もあり、イギリス・ロシアの学生が一年交代でこちらにやってくる。

もちろんこちらからも留学に出ることができる(毎年10人前後で審査あり)

春には台湾にも留学することもできる(市の補助あり)

小松大学の留学生とも交流が持てるらしい。

これから先は小松大学との連携や附属化、国際バカロレアなど世界に目を向けた学校を狙っている。

進学だけではなく、英語に特化した高校にしていきたいとのこと。

これからの時代はただ進学できれば良いって訳じゃなく、何ができるかが本格的に問われる。

そんな時、英語が使えたりすれば何かのきっかけにはなるかも。

南加賀のほかの公立高校とはまた違ったカラーの小松市立高校。

自分の志望と合うなら一考の価値あり!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


石川県ランキング


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.