夏の思い出2018 part1

 8月10日

高2生たちが連れてって欲しいと言うので名古屋大学のオープンキャンパスに出かけた。

去年は姉川が氾濫するほどの台風でキャンセルになったのでそのリベンジ。

2年前には今の大学一年生に頼まれて連れて行ったがその翌月、突然「塾の月謝で参考書がたくさん買えるのでやめます」と退塾した子がいて名大オーキャンは実はトラウマ(笑)

その子の大学受験がどうなったか知らないが、”生徒のために”と動いて悲しい結果になると実はかなり凹むんだよな〜。

多分他の塾の先生たちもこんなような経験たくさんしてるんだろうけど(笑)

RS=^ADBoZi3LqCo5ZS7qX4Dw8Pdmnugkew-

 昨年とは打って変わって名古屋はカンカン照り。

石川県よりも乾燥してるからか灼熱感が違う。

立ってるだけで汗がダラダラ…

それでも彼らは元気に見学に出かけて行った。

F1DEDE57-07F3-4CA9-AEA4-17D0E7004B91

正直名古屋大学を受験できるレベルまで育てば、かなり大学を選べるのだが来年の今頃はどんな感じになってるかな(笑)

 田舎の高校は国公立大学進学を前面に押し出してくるのが常

どの教科も満遍なく点数が取れるならともかく、文系の子で数学や理系で国語が苦手な子は迷わず私立大学を選択すべき。

自分に合わないものに時間をかけるなら得意なことを伸ばして上位私立大学を狙ったほうが長い目でみてメリットが多いと思う。

実は欧米では文系理系の縛りはない。

受験そのものがないからね。

今度の教育改革でも根本的にはこのシステムは変わらないけど、いつかはそうならないと時代に置いていかれる気がするなぁ〜。

 名古屋で1人になったので旧友に会った。

もう15年ぶりくらいか

あまり変わってなかったのに驚いた。

変わったのは自分と自分の環境だけ。

少しタイムトリップして昔話で4時間コメダ(笑)

当時遊んでた他の友達にもフェイスブックで連絡が取れた。

当時は馴染みの服屋さんを本拠地にして毎晩街で遊んでた。

ファッション関係は個性的な人たちが多いから石川ではなかなかお目にかかれないタイプの人たちがたくさんいた。

結構お金を使ったけど、これもまたいい経験。

人からはどう思われるかわからないけど、自分にとっては大きな財産。

ダメなのはそれを活かさないことだと思う。

 夕方には生徒たちと街で合流

帰りの高速では渋滞に巻き込まれた。

なかなか愛知を抜け出せなかったけど、代わりにたくさん話ができた。

トラブルも活かし方次第かな?(笑)

60A0536A-BCE1-4814-A8C8-6C868708F4A8

さて、今回の旅で彼らは何を学んだだろうか…

とりあえず3人のうち2人は名古屋大学を受験しないことを決めたそうだ(笑)

それもまたよし(笑)

何事も自分自身で体験し自分で決めることが大事だからね〜!

 

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


石川県ランキング


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.