理想の場所

e789a02eeff7af1765d3e1abbf6454b9_original

 正月特訓初日

今年もほとんどの中3が参加。

みんな気合はいりまくりで朝から待機してる。

そしてなぜか高校生たちも朝から自習に来てる。

部活も学校もないのに頑張る姿に涙がでちゃう…

だって塾長だもん!(笑)

昼からは中2生たちも自習に来るし、あと2日で正月なのに未だに大盛況(笑)

うちはできない子には最初勉強を強制するけど、ある程度成長した子には強くは言わない。

自分の意思で自分の道を進む子に育ってもらわないと塾をやってる意味ないからね。

だから進んで来る子達には絶対に幸せをつかみとってもらいたいし、力一杯応援をする。

img_6751

img_6752

 ランチを食べて塾に戻ったら寺西君たちが遊びに来てた。

「どこの部屋覗いても生徒たちが勉強しててビックリしました。」

「こんな環境が高校の時にあったら最高でした…」

これは遊びに来た子達によく言われること。

img_6749

ふふふ、そうでしょうそうでしょう(笑)

そんな場所が作りたかったからね。

でもまだまだ塾生のために揃えたいものがある。

来年はその足場を作って、みんなにできるだけ早く提供したいな。

 夜には群馬から帰省している従兄弟のところへ遊びに出かけた。

従兄弟は自分とは一回り以上も年上の57歳。

世界中に支店を持つ日本有数の大企業で営業部長をしている。

遊びにいったのは高校生に世の中のこと、会社のこと、大学のこと、生き方などを語ってもらえないかってオファー。

技術部長から営業部長に転属になってアジア各地を駆け回る毎日。

各国の歴史や民族性などの話はかなりためになった。

赤色LEDの開発で世界1位を何度かとった話とお金儲けの話もいい。

LEDを使った野菜の栽培で中国で公演をした話は心が震えた。

大阪大学の研究室で先輩と科学について語り合った話、その先輩方が今は大阪大学の教授になってるってのも良かった。

就職面談をするときの企業が見てる点で学歴よりも何をしてきたかとか、ポイントはどこかってのもいい。

そして生きるためになにが大事なのかって話は実績を残した本物だけが伝えられるリアリティ。

どれを切り取っても高校生達にはためになる話ばかり。

お酒を飲ませておけばどれだけでも話してくれる(笑)

興味は尽きず、明日も仕事なのについつい深夜1時まで話し込んでしまった。

でもよ〜く酔っ払ったところで次回年明けにまた帰ってきた時に塾にきてくれる約束をとった。

ふふふ、これでまた冬が楽しみになった。

将来に明確な方向性を見出せてない理系学生はチェケラッチョだぜ!

 

年末のお忙しい時期ですがポチポチおねがいします。


石川県ランキングへ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.