矯正

shutterstock_411972601-w960

 JK1

授業の後、うちの高1女子たちと歯列矯正の話をしていた。

みんな結構矯正しまくっている。

値段を聞いたら歯が飛び出る、いや、目が飛び出るくらい高い。

でも芸能人じゃなくても歯は命

外国語は口を縦にも横にも大きく広げるので歯並びはとても目立つ。

そのためアメリカなんかだと中流以上の家庭の子供は、ほぼ全員と言っていいほど子供のうちに歯列矯正をして歯並びをきれいにするという。

言葉じゃなくても笑顔が素敵な人は周りを明るくさせる。

でも歯並びに自信が持てないならなかなか笑う気になれないもんね。

矯正

 知性を磨く

そして矯正するなら若いうちのほうがリスクは少ない。

それは勉強も同じ

早め早めが後の人生にとって有利に働く。

中学生のうちならギリギリまだ間に合うが、高校以降になると癖が強すぎてなかなか治せない。

まずは心の矯正からスタートしなきゃね(笑)

”やらされなきゃできない”から”自分からすすんでやる”

にまでもっていくには相当な苦労が待っている。

子供の頃は知ることが楽しくて仕方なかったはず。

それをそのまま継続できてるなら心配ないが…

素直な子とそうじゃない子では人から話を聞いても変わり方が違う。

将来なりたい職業と関係なかったとしても、絶対に勉強はやるべき。

知性を磨くことは自分の魅力をレベルアップさせることと同じ。

どんな仕事も自分一人ではできない、仲間や取引先、お客さんがいて初めて成り立つ。

その時、その知性がとても大事になるはず。

働きだしてからでは忙しすぎて身に着ける時間があまりない。

嫌な仕事や向いてないことをしなければいけないことになってれば尚更。

やらせてもらえる間(社会に出る準備期間)にたくさん吸収していけば、自分の未来を無理やり矯正する必要もなくなるんだけどな(笑)

「努力を努力と感じてる間は成功しない

好きなことをただ続けていったその先に成功が待っていた」

って状態になれればいいね!

いつやるの

今日せい!

なんつって😁

sa_saku00

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


塾教育ランキング

[`newsing` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.