2018第5回石川県総合模試を終えて

5931FFD9-F328-42A2-A71A-99E508887CC0

 いよいよ師走

今日第5回総合模試の結果が返ってきた。

塾全体としては偏差値を戻した子が多かった。

まずは各教科の平均点等の確認

20181220171528

英語・数学・社会で偏りがあるものの、全体の平均は250点前後と安定

難問もあったけど少し難しいくらいが受験生には丁度いい。

簡単だと周りとの差がわからないからね。

今自分が抱えている問題点をしっかりあぶり出し、冬期講習等で煮詰めてもらいたい。

ここからは受験までに英数国よりも理社を完全にしていく時期。

逆算しながら、どう攻略していくか。

戦略が大事だよ!(って言うか、それこそが勉強だけど)

 南加賀の状況はこんな感じ

dai5kai

小松高校と石川高専は平均偏差値が上昇

そろそろ現実的な選択として下位層が志望校を変更してくる頃。

そしておそらく今まで受験してなかった層が第一志望に小松を入れてきた。

今年の小松はやはり偏差値60が勝負になるかな。

 WAKE生の結果

トップは偏差値75 430点(県内8位)
トップ100に3人
トップ150に5人
塾内平均は61.1
もちろん半数以上が偏差値60以上。

受験もいよいよ山場、もちろんここからが勝負どころ。

南加賀学力テストも終わり、模試も残すところ2回。

実力が一番伸びる時期に入るので2ヶ月後の自分に期待してもらいたい。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

お時間ございましたらポチポチ↓の応援よろしくお願いいたします。


石川県ランキング 

2学期期末テストの結果

中3生 431点(半数以上が450点越え)
中2生 444点(半数以上が450点越え)
中1生 397点

まだまだ未熟な中1生

学年末テストで1年間の成長の結果を見せられるか…

次回に期待かな。


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.