初々しい笑顔

PC88FH

日曜日小松市内を車で走っていたら小松商業のJK達がいっぱいいた。

たぶん新一年生だろう、どこか初々しい。

小松商業といえばやはり就職のイメージが強い。

進学も推し進めているらしいが、自分の生徒はほとんど小松商業に進まなかったので詳しくない。(平成25年度の結果はこちら

就職はやはり事務系が多いのかなぁ・・・

 昔、事務は手書きで記帳するのが普通だったから事務員は結構需要があった。

うちは小さいけど商売してたので事務員が5人くらいいた覚えがある。

そのうちパソコンを導入して3人に、処理の早いパソコンに切り替わって2人になっていった。

技術の発達が働き口をなくしていく。

便利になったけどその分色々な能力が必要になっていく。

あの初々しい笑顔が3年後に自信に満ち溢れた笑顔で卒業できることを祈り横を過ぎ去った。

 

 

 ところでパソコンといえば、中学生の頃NECのPC88とかマイコンと呼ばれるものを持ってる友達が数人いた。

当時、自分は興味がなかったからよく知らなかったが、結構な高級品で周辺機器合わせると60万以上した気がする。

子供が持つような品物の金額ではない気がするが、彼らはあれを何に使ってたんだろう・・・

今じゃノートパソコンでも5万以下で手に入る時代。

普通の人が使う範囲ならXPで十分だから買い替えすらされなくなってしまった。

パソコンも行き着くとこまで来ちゃったってことなのかな?

 

 

 

 

 


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.