逆算からのチャレンジ

 今年でいよいよアラフィフ

正確には早生まれなので今度の1月で、だけど。

ここまでくると人生も逆算で考えるようになる。

学生時代や20代の頃なんて老後のことなんか全く考えなかったのになぁ〜。

こんなの自分だけかもしれないけど(笑)

今や定年と言われる年は60歳→65歳になった(と政府は歳入や年金のためにそう言う)

…となると働けるのは残り20年。

自営業なので定年はないけど、塾業界はおじいさんに教わるより若いイケメンに教わる方が生徒は嬉しいとよく言われる。

そして年々硬くなっていく頭が時代について行けるかどうかあまり自信がない(笑)

見た目若く見られるので「上ちゃんなら大丈夫やわいね」とよく言われるけど、脳みそは意外と固い。

師匠の久保田先生は59歳だけど超絶パワフル。

あんな感じで年をとれたらなぁ〜。

 能美市で修英セミナーをやっている竹谷先生は今月塾を移転。

57才でますます血気盛んだ。

普段は肩に力を入れすぎない竹谷スタイル。

だけどやるときは一気に走る。

竹谷先生からは以前「死ぬまで走り抜ける」と自筆の馬の絵をいただいたことがある。

強い塾は気持ちも強い。

「あと10年はやり抜こうかと思ってねぇ〜」なんて軽く言い切る。

恐ることなく前進していくそんな姿は勇気を与えてくれる。

B33CDC9E-64CD-44FB-B98C-7539D536821E

あまりにも自分の人生が行き当たりばったりで、家族と生徒、友人たちと言う財産以外形になって残っているのものがなくてたまにこの先大丈夫かな…俺…とたまに不安になる今日この頃(笑)

実は今、3年後には学部学科を変えてまた大学院に戻ろうかと思ってる。

年をとっても学び続ける姿は生徒にさらに勇気を与えられるかもしれないしね。

自信がなくても常にチャレンジあるのみ。

いや、逆算するからこそチャレンジしたくなるのか。

これこそマイスタイル。

不安定を安定させる攻めのスタイルこそ塾人に必要だと思うんだな。


石川県ランキング


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.