星降る夜と美人の湯

51C77A5F-5A0C-4C6E-AFB5-8CB0C045F3C5

 響宴終了後、塾に戻り生徒達の質問対応

一仕事終えて一旦自宅に戻り風呂に入ったあとは一路山へ。

向かう先はまだ山開きをしていない白山の入り口「別当出合」

深夜1時に到着するとすでに路肩の駐車スペースには沢山の車。

みんな明日に備えて仮眠中なのかなぁ・・・

すぐに寝袋を出して寝ようとするんだけど、窓から見える夜空が綺麗すぎて困った。

道路の脇に高くそびえる木々の切れ間からはアホほど見える星と流れ星。

ついつい眺めてしまうからなかなか寝付けなかった。

 朝はあっと言う間にやってきた。

眩しい太陽の光。

時計は4時半…

一緒に登る太田先生や今井先生との待ち合わせは5時40分なのに…

もう一度寝れる気がしない。

睡眠時間は約2時間かぁ〜、苦戦必至。

しかも昨夜出かける前に怪我してしまった左足の中指がかなり痛む…

B7C0C580-388E-422B-8EA3-FC7990C721EF

 登山口の駐車場脇にはまだなごり雪。

つり橋を渡り、登り出して早々に息切れ。

久々の白山は「あれっ?こんなにキツかったっけ?(笑)」

筋肉がかなり脂肪に置換されてるみたいだ。

A8FAB7E5-5FA2-47D6-A698-0DEB540FA992

なんとか辿り着いた甚之助小屋から上にはところどころ残雪。

シャーベット状の雪は崩れやすいので滑りやすいから苦戦してたのに、頂上から降りてきた体操着にランニングシューズのおじさんとすれ違った。

こっちは完全装備でチェーンアイゼンまでつけてたのに…

仙人かっ!

22693501-EF43-4638-964D-D2007E018079

室堂に到着時点で11時半すぎ。

左足の怪我をかばいながら歩いたせいで右足に無理がかかったのか道中何度も攣った。

マッサージしながらごまかして歩くも、時間的にも今回は頂上アタック断念。

山頂は近いようで遠い

6EA5A5EE-CC8F-4C24-A7ED-B14B87A5FBE7

こうなればあとは食欲を満たすのみ!

太田先生が毎度沢山の食べ物を用意してくれるので安心。

ご馳走にありつく。

43E7B401-B805-45B2-9C89-E24914C05D7D

ゲフッ

食べすぎた…

身体が重い…

 帰りの弥陀ヶ原は雪景色と霧。

この辺りは湿地帯だし雪も水も残りやすいんだろうな。

死後の世界に旅たつような幽玄な感じ

F30CC600-1B41-4B7D-93F7-7A9E8DB26EE2

登りは足をあげるのが苦痛だけど、下りは体重が膝にくるのが辛い。

黒ボコからは膝ガクとの戦いだ(笑)

雪は滑るし、岩の段差は鬼のよう。

なんとか甚之助まで辿りついた。

ここからが今日のメインイベント「けつソリ」

これがまた楽しい!

暖かい気温と冷たい雪しぶき。

子供の頃に戻ったよう。

一息遊んで下山。

時間は6時を回っていた。

バスでしか別当出合に来れない時期なら完全アウト(笑)

87F92E8A-BDB6-4F75-A457-8DB7889DBD23

 疲れた身体は白峰温泉総湯「展望の湯」でスッキリ!

この温泉は少し肌がヌルヌルになる弱アルカリ、いわゆる「美人の湯」

露天風呂からはさっきまで遊んでいた白山が見える。

B4F2A282-A047-4796-AC4A-1DCC44B59C12

長い一日だったけど面白かったなぁ〜

石川県は本当にいいとこだと改めて感じた。


石川県ランキング


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.