2018年石川県公立高校入試出願倍率(1次)

a0216469_20202130

公立高校入試第1次倍率

大聖寺:キターっ!
     倍率もちゃんと出て、今年はちゃんとした受験になりそう。
     もともとは加賀の伝統ある進学校。
     早稲田の推薦枠はなくなっちゃったけど、それ以外はまだまだ健在。
     教師の平均年齢も若く非常に元気がある。
     これで先生達も一安心かな。

明峰:クラスを減らしたため例年以上に超人気、でも平均偏差値は去年に比べさらに低め。
    偏差値46近辺の生徒たちには激戦になりそう。
            面倒見の良さが評判のアドバンスクラスの偏差値は今年はだいたい55あたり。
    小松高校の最下位あたりにいるならこちらの方が結果として良い大学へ行けたり
    するので進学を重視するならオススメ。

小松:例年以上に低い倍率!
    今年の受験生の学力レベルはそれなり。
    総合模試でここを第一志望に据えている受験生の平均偏差値は57.9
    倍率は低くてもやはり偏差値57以下の受験生には狭き門になるだろう。
    南加賀では頭2つ抜けてる進学校なので当然激戦は必至。

志願変更期間は平成30年2月23日(金)から27日(火)まで

過去の倍率を知りたい方はアーカイブからどうぞ。

第1回石川県倍率


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.